« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

夏合宿 其の四 〜OFFの巻〜

 百射会の翌日はみんな楽しみのオフでした☆
 この日はちょっと遅め(?)の朝食の後、みんな金沢へと向かいます。
 鈍行列車に一時間近く揺られようやく金沢へ到着!金沢って結構都会なんですね(^^;)

 ここから先は回生ごとの移動になりました。こっからは、幹部の金沢での様子です☆
 幹部はみんなで周遊バス切符を\500で購入し、市内をまわるバスに乗車。このバス結構ちっちゃくて車内は観光客で一杯でした。
 21世紀美術館を経て、繁華街である香林坊でパスタの昼食。おなかを満たした後は、前田利常公が建立し、別名忍者寺と言われる「妙立寺」を拝観。ここはガイドさんつきで案内してもらうのですが、内部の様々なカラクリに幹部も驚きっぱなし。しばらくでた後もこのお寺のカラクリの話ばっかりでした(^^;)ただ堂内写真撮影禁止だったのが残念…。
 その後は茶屋町に言って甘味を満喫。
Pict0007_2
(管理人とJosekiが食べた黒蜜きなこ\650)
 これを満面の笑みで眺めるJosekiを撮った写真は本人の許可がでず敢えなく却下…。

 金沢駅に帰ってからは、みんなオミヤゲを買い漁ってました。みんななんだかんだでお金持ってるじゃないですか(-ε-)

 楽しいオフはあっという間に終わりましたが、まだ最後の練習日が残ってます。今日はゆっくり休んで翌日の練習に備えましょう。
Pict0004_2
(東茶屋町)

夏合宿 其の参 in山中弓道場

 本来ならオフの3日目に、2日目に予定していた百射会を行いました。移動した山中弓道場はとても立派な弓道場で、春に利用した博多の森弓道場にも引けを取らないぐらいでした(は言い過ぎかも…)。
 百社会の結果は、男子は一回生のK木ヒロシが見事一位を獲得、女子は去年から大幅に的中を伸ばした二回生のM倉が第一位を獲得!管理人も頑張りましたが一回生のときよりも大幅に下がってしまう無惨な結果(T T)。主将解任か(笑)!?

 Pict0009
(代わって利用することとなった山中弓道場)

夏合宿 其の弐 in加賀の武道館

 そんなこんなで、合宿初日がスタート!1日目と2日目は当初の予定どおり加賀市の武道館弓道場にて練習を行いました。屋内道場でしたが、風通しもよく、なかなかの道場でした。

 初日には20射の立ちの他、三つのグループに分かれた課題別練習を行い、各自が徹底して取り組みたい課題にわけて練習しました。
 2日目は、本来なら百射会の日でしたが、道場の都合で練習三日目のメニューをずらしてきて行いました。少しずつ一回生の成長も見られるようになり、少し頼もしく思えました。
 
 Pict0002_1
(弓道場の様子)

夏合宿 其の壱

 今年度の夏合宿が、石川県加賀市でいよいよ始まりました!!(でもこれを書いているのは神戸に帰ってからなんですけどね……。)今回の合宿もホントにいろいろありました(^^;)

 長旅の末、ようやく宿舎に到着し、ゆっくり出来ると思っていた矢先、宿舎の人から予想もしていなかったことを聞かされる…。なんと、二日目に予定していた百射会の日、道場が途中から別団体に押さえられていたことが発覚!百射会は例年ほぼ道場の使用可能時間すべてを使ってやっており、今年も夜間の利用も予定していたので、まさに晴天の霹靂でした。事前の交渉で旅行会社が使えると言っていたのに…。市の清掃というのも練習日にあることも発覚し、到着早々に練習スケジュールの大幅変更を余儀なくされました(T T)。もう、毎度いいかげんな旅行会社の仕事に幹部は怒り心頭でした。

 今年の夏合宿は波乱のスタートとなりましたが、なんとか別の道場を確保することができ、四日間の練習日のうち、前二日と後二日を別々の道場で練習することになりました。
 

全日本学生弓道選手権 三日目

 全日の三日目には、個人戦が行われました。
本学からは、先月の地区予選を見事突破したK木ヒロシが出場。全国の強豪に挑む!!
 
 今年から個人戦は、地区予選から数えての三次予選(2射2中通過)を通過したもののみがやっと射詰めに進めるというハードなものであり、三次予選での脱落者が続出。本学からの出場者のヒロシは、一本目は的中させるものの二本目を失中し、残念ながら予選通過ならず。また、来年も挑戦し、今年以上の結果を残せるよう今から頑張れ!!


 

全日本学生弓道選手権 二日目

 全日二日目には、女子団体の予選が行われました。直前の神戸でのたちではなかなかの結果がでていたようですが。本番で力を発揮できたでしょうか↓
 
 大前 M倉  ○××× 1
 二的 Y本恵 ×××× 0     計1中
 大落 K部  ×××× 0
Pict0029_1Pict0027_1Pict0028

と、なんとも悔しい結果となりました。この結果をどう受け止めどう練習に取り組むかによって今後の結果は決まるでしょう。試合にでて終わり、ということのないように頑張りましょう。

 その後は、決勝トーナメントが行われレベルの高い試合を観戦しました。ほとんど抜かない射手の射を見ることは大事な稽古になります。少しでも良いポイントを盗んで、自分の稽古の差参考にしてほしいですね。
Pict0033_5
(写真は男子決勝トーナメント準々決勝 法政大学対近畿大学 の結果)

全日本学生弓道選手権 一日目

 しばらく更新が滞っておりました、すみませんでした(^^;)
先日の18日から20日にかけて、名古屋の愛知県立体育館において、全日本学生弓道選手権が行われました。今年は合宿の関係もあり近的だけの参加でしたが、男女団体と個人戦出場権を獲得しているK木ヒロシをあわせて10名で遠征しました。

 一日目には男子団体の予選が行われました。さすがに全国から強豪が集まっているだけあり、予選通過のボーダーも14中で競射と高いですが、関選の再現なるべく頑張りました。さて結果は↓

 大前 ヒロシ  ○××○ 2
 二的 N羽さん ×○×× 1
 三的 H本さん ××○× 1     計8中
 落前 S藤   ○○×○ 3
 大落 H井   ×○×× 1
Pict0001_5Pict0008_1Pict0013_1Pict0014_3Pict0010_1

と、結果は全くふるわず予選敗退…。あらためて力のなさを痛感する結果となりました。

 
 

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »