« 定期戦 対神戸学院大学 | トップページ | 練習試合 対兵庫県立大学姫路支部 »

問題解決

こんにちは!!(*^-^*)情報管理です。私が今まで弓道部での活動を通して感じてきたことを、日産自動車カルロス・ゴーン社長のインタビュー記事の中に見つけ、ちょっと共感したのでこの場で紹介させて頂きます。

以下引用

 

―「かわいい子には旅をさせよ」といいます。なぜですか。

人生は問題解決(Problem-solving)の連続だからです。挑戦と困難は常にあり、問題は多様化します。一つ解決しても、また次が来る。一つひとつ解決して進み続けることで立派な大人になり、優れたビジネスパーソンになるのです。

 

―正面突破するしかない?

もし問題を避けて通ろうとすれば、同時にたくさんのチャンスを逃すことにもなる。例えば、外国で生活するというのも良い方法です。違う言葉、食べ物、習慣。電車に乗るのさえ一苦労ですが、それらを解決していくことで多くのことを学べます。

 

―若い時の苦労は買ってでもしなさいと。

それこそが教育の本質ではないでしょうか。教育とはABCや123を暗記することじゃなく、問題解決を学ばせる場なんです。問題に直面して衝撃を受けるのではなく、「人生につきものだ」と冷静にとらえ、あきらめず、客観的に対処する人間を育てることだと思います。

 

―なるほど。

人生は問題解決の連続であると理解する。これが若者への大事な教訓です。頭が良くても最終的に失敗する人がいるのは、問題を回避してしまうからです。どんなに知識が豊富でも、人生はゲームで楽しいことばかりだと思っていたら悲惨です。親としてはそれを子供に伝えたいのですが、何事も「言うは易し」。私の4人の子も放っておけば問題を避けて通ろうとする。そういうときはあえて問題解決に向かわせるようにします。失敗してもいい。失敗から学ぶこともあるのですから。

 

「朝日新聞 be on Saturday 2008年6月14日より」

 

 

« 定期戦 対神戸学院大学 | トップページ | 練習試合 対兵庫県立大学姫路支部 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 定期戦 対神戸学院大学 | トップページ | 練習試合 対兵庫県立大学姫路支部 »