« 2009年12月 | トップページ | 2010年3月 »

三十三間堂にて~楊枝のお加持と大的大会~

  2010年1月17日、澄み渡る青空と冬らしい寒さの中、京都七条 蓮華王院三十三間堂にて、現幹部の5人が大的大会に参加してきました。

以下、三十三間堂HPから引用した大的大会の説明です。

大的大会とは江戸時代の「通し矢」にちなむ大会で、全国から二千人が参加し、やなぎのお加持と同日に行なわれます。特に新成人の晴れ着姿での競技は、正月ならではの華やかさで、京都の風物詩のひとつです。無料公開される境内は、終日、賑わいをみせます。

 

というわけで、成人になった記念を祝うと同時に、伝統ある三十三間堂で弓を引けるという貴重な機会となっています。

 

極寒の中、長い待ち時間に耐えるのはなかなか気力を要しましたが…coldsweats01

それ以上に得るものの多い1日だったように感じます。

欲を言えば…しっかり的を中てて通過したかったです。

また、女性陣は華やかな振り袖姿を見せてくれましたshine

男性陣は…いつもと変わらない普段の弓道着でしたgood紋付き袴を来ている人もちらほら見え、少し羨ましく思いました。

 

弓を引いた後は、三十三間堂の中を拝観しました。

1000体以上の仏像が並ぶ光景はまさに圧巻でした。800年近くも昔からそこに存在していたとはとても思えません。うまく形容する表現が見当たらないほどの光景でした。

最後になりましたが、わざわざ応援に駆け付けてくださった卒業生・OBの方々、本当にありがとうございました。

 

まだしばらく寒い日が続きますが、ブログをご覧の皆様どうかお体に気をつけてお過ごしください。

040_2Img_4092t_2037t_2

« 2009年12月 | トップページ | 2010年3月 »