« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

二公立戦&昇段審査

更新が遅くなり申し訳ありません。



11月22日(土)に兵庫県立大学姫路支部の弓道場において二公立戦が行われました。

今回は第十二代幹部が発足してから初の試合ということもあり、部員全員が気合いの入った表情で試合に臨みました。

今回はこの春にある新人戦を想定して、二回生主体の立で戦いました。

結果は負けてしまいましたが、選手それぞれの課題を見つける事が出来て、意味のある良い試合になったのではないでしょうか。

試合後には射詰形式の個人トーナメント戦が行われました。

それぞれの支部間の垣根を越えて声援とヤジを飛ばし合いながら試合を行いました。

神戸支部の最高順位はライダーこと永井が4位入賞を果たしました。

上位入賞者は彼1人という結果になってしまいましたので、来年の二公立戦ではリベンジを果たしたいと思います。


11月23日には明石にて昇段審査が行われました。

私たちは日頃の練習から体配に気をかけてきたので、きっと大丈夫だと自らに言い聞かせながら審査を受けました。

今回は全員合格することができ、それぞれ段位及び級位を獲得することができました。

二回生にとっては初めての審査であったために非常に緊張したであろうと思いましたが、みんなの射はいつも通りに堂々と引けており、親になったような気持ちで見ていました。

私たちの目標はリーグ昇格であるため的中は大事でありますが、射技だけでなく体配や着付けなどといった弓道の根幹と言えるべき部分にも意識しながら練習することも大事ですので、これからの冬のOFF期間中の練習に生かしてくれたらと思います。

これからも皆様のご指導ご鞭撻の程よろしくお願いします。

第十二代情報管理 前川

第十二代兵庫県立大学体育会神戸支部幹部

11月15日(土)の部会におきまして幹部交代が行われました。

この度就任させて頂く事となりました第十二代幹部を発表致します。

主将兼淡弓会代表 兼松知希

女子責任者 谷口美美

副将 濱田豪気

主務 百道煕

渉外 阪上貴広

渉外 木山芙美香

会計 永井善貴

副務 杉本祥啓

情報管理 前川大

以上となります。本日をもってこの新体制で運営を行っていくこととなります。この幹部交代の前に残念ながら1人私たち新幹部の代の部員が減るということになってしまいましたが私たちの団結力は非常に強いと自負しております。これからどんな困難が待ち受けていようとしても第十二代幹部11人と新2回生10人の計21名の力を合わせて精進していきます。

またこのブログを更新している私自身、未熟者で大変見苦しいブログとなってしまっておりますが日々精進していきますので今年一年間温かく見守っていただけたら幸いです。

これから更なる進化を目指して練習していきますのでたまに道場に足を運んでいただいて練習する姿を見ていただけたら大変嬉しく思います。よろしければ当ブログも見ていただけたらと思います。

これからもご指導ご鞭撻の程よろしくお願い致します。

第十二代情報管理 前川大

弓道部を通して 第11代情報管理

更新が滞っており申し訳ありません。



幹部交代を明日に控えて、私前畑の最後の更新をします。


Googleのほうにフォトを掲載し、最後の仕事を終えました。
全てを終わらせたはずなのに、なぜかやり終えたという気がしていません。まだ何かしないといけないのではないかと心配になってきます。

私が現役として在籍してきたこの2年半、本当にたくさんの方にご迷惑をおかけしてきました。射・仕事ともに中々成長せず、自分でも辟易としておりました。しかし、そんな私へ諦めずに指導してくださった先輩方や信じてついてきてくれた後輩達、そして常に支えてくれた同回がいたからこそ、今こういった形で引退前日を迎えられています。
みなさん、本当にありがとうございました。

先述の通り、私は射がからっきしで仕事もミスが多かったので、1・2回生の時はただただ必死でした。幹部になって、情報管理という役職と指導という新しい仕事が与えられてから、私の弓道生活は変わりました。情報管理の書類仕事・事務作業と指導だけは出来が悪くなかったのです。その事実に気づいてから途端に弓道生活が楽しくなりました。できないということが相当なコンプレックスだったようで、反動が大きかったのです。
おかげで、非常に楽しく情報管理の仕事は進められました。できることへの自信から、今までの弓道部における自分からは想像ができないようなチャレンジもできました。射は最後まで開花せずに終わりましたが、部活動を通してとても成長できたと胸を張って言えます。
弓道部、ありがとう。

最後の試合での反省会は幹部全員が涙し、2回生の大半も泣いてくれました。あれほど人が泣いている反省会は2年半を通して初めて見ました。あれほどみんなで感情を分かち合えた私たちは幸せでした。
第11代現役生、夢が見れて楽しかったです。ありがとう。

この記事を書いているうちに何かをやり残しているという感覚が半分消えました。もう半分の出どころは引退してから見つけようと思います。

今年の男子リーグ戦は昇格の希望が見えたところまで到達できました。惜しくも昇格は為せませんでしたが、今年主力になってくれたのは2回生達であり、来年の達成は夢ではないと思います。
来年度の第12代幹部率いる弓道部へも、どうかご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。


第11代情報管理 前畑勇弥

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »